お知らせ

◆安心の評判! 話し相手(傾聴)サービス・ほんわか倶楽部

4.132016

正常な精子機能の鍵となるタンパク質の役割を解明

【概要】
 順天堂大学大学院医学研究科・環境医学研究所の荒木慶彦先任准教授らの研究グループは、精巣内生殖細胞上の膜タンパク質TEX101/Ly6k複合体(※1)が、生体内で受精能を有する精子産生に極めて重要な働きを担うことを分子レベルで明らかにしました。本研究成果は、これまで全不妊症の1/3を占めるとされる「原因不明」ヒト不妊症の原因の一端を解明する手がかりとなる可能性があります。本研究は英科学誌Scientific R…


■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは WordPress › エラー